自動車 売りたい 個人売買

自動車の個人売買ってどうなの?

自動車を高く売りたい!という想いを抱き、色々ネットで調べていく内に個人売買の情報に行き着く事は多いかと思います。
業者やディーラーが間に入らない分、高く売れる可能性が高いといったメリットのある方法、個人売買について詳しく解説します。

 

自動車の個人売買ってどこで出来るの?

昔ながらの方法としては、中古車雑誌の個人売買コーナーなどでで「こんな車を売りたいです!」と他の読者に呼びかける方法です。
ですが今はもう、インターネットを介しての個人売買が主流です。

 

ヤフーオークションgooオークションを利用して自動車の個人売買を行うことも可能です。
こんな掲示板で個人売買も行う事はできますが、ハッキリ言ってリスクもかなり大きいです。
何かトラブルに遭っても誰も責任を取ってくれませんからね・・・

個人売買のメリット・デメリットを整理!

メリット

 

メリットは高額売却が狙えるという事。

 

買取業者に売ったり、ディーラーに下取りに出した場合は、極力効率的に行ったとしても

自動車を売る人

買取業者・ディーラー

新しい所有者

こうなります。
実際は、新しい所有者に渡る前に、買取業者やディーラーとは別の販売業者が入ってくる事もあります。

 

業者やディーラーは手数料をとります。
場合によってはこれが100万円ぐらいになる事も・・・

 

業者に50万円で買取られが中古車が、新しい所有者には150万円位で売られる、なんて事があることも。
個人売買なら、業者を通さず自分の欲しい車を150万円で売れる事もあるという事です。

デメリット

 

メリットに目を通すと
個人売買ってなんて素晴らしいんだろう!
車を高く売りたいなら個人売買一択だな!
なんて思ってしまいます。

 

しかしあくまで、トントン拍子で事が進めば、高額売却が実現するという話です。
そしてそうなる可能性は決して高いとは言えず、デメリットも大きいのが個人売買です。

 

デメリット1 買手が付かない

買取業者ならば、査定に出した車は買い取ってくれます。
しかし個人売買の場合、買手が見つからなければ、売却ができません。
そうこうしている内に、売りたい車の価値が下がってしまう事もよくある事です。

 

デメリット2 手間と時間がかかる

買取業者やディーラーに車を売ると、実に簡単に感じられますが、これは彼らが様々な煩雑な作業を行ってくれているからです。
個人売買だと、書類作成やら名義変更やらは全て自分で行わなければなりません。

 

デメリット2 トラブルの危険性

売却し、車を引き渡したのに入金されない。
名義変更してもらえない。

 

こんなトラブルの報告は多いです。

 

業者やディーラー相手とは違い「必ずしも信用できる人間が取引相手とは限らない」というリスクがある事を認識する必要があります。

 

 

トップページでは自動車を高く、買取業者に売却する方法について主に解説しています。
一括査定を使えば個人売買に迫る高額での売却を実現できる可能性もあります!

 

 

 

一括査定の使い方のポイントを知って高額売却を狙おう

▽トップページへ▽